なぜ、防犯カメラは必要なのか

防犯カメラ・監視カメラ

街のいたるところで見かける「防犯カメラ」。コンビニやスーパー、オフィスやマンションなど、日常生活において防犯カメラを見かけない日はないと思います。最近では一般家庭にも普及しており、防犯カメラはさまざまな場所で使用される時代になってきました。犯罪の増加、凶悪化にともない防犯カメラは事件解決はもとより、犯罪を未然に防ぐために欠かせない存在になっています。

防犯カメラの効果

犯罪を未然に防ぐ抑止効果

犯罪を未然に防ぐ抑止効果

防犯カメラを設置することで得られる最大の効果は「抑止効果」にあります。防犯カメラには、犯罪者をひるませる、犯行を諦めさせるという犯罪抑止効果があります。特に計画的な犯罪を防ぐ効果が高いと考えられています。もちろん中には衝動的な犯罪もあるため、防犯カメラで犯罪をゼロにすることは不可能かもしれません。しかし、防犯カメラがあることで間違いなく犯罪発生率は減少します。

事件の早期解決につながる有力な証拠に

事件の早期解決につながる有力な証拠に

防犯カメラは録画装置を使用することで、不幸にも起きてしまった犯罪の証拠映像を記録することができます。ニュース等でしばしば報道されているように、防犯カメラの映像によって犯人が検挙される例が増えており、「事件の早期解決」「被害拡大の防止」「再犯防止」に役立っています。