目的に合った画素数の防犯カメラを選ぶ

目的に合った画素数の防犯カメラを選ぶ

以前はアナログカメラと言われる40万画素程度だった防犯カメラは、メガピクセルカメラ(約130万画素)、現在主流のフルHDカメラ(210万画素)へと進化し、さらに解像度度が高い4K、8Kなども登場しています。高解像度の防犯カメラは鮮明な映像を記録できますが、高解像度と引き換えにデータ容量が大きくなり録画時間が短くなります。目的に合った画素数の防犯カメラを選ぶことが重要なポイントになります。

屋外への設置は細心の注意を

屋外への設置は細心の注意を屋外は、雨風、砂粒、温度変化など、防犯カメラにとって非常に過酷な環境になるため耐久性が必要です。防水・耐衝撃の防犯カメラを選びましょう。

犯罪抑止力を高める

犯罪抑止力を高める防犯カメラ設置の一番の目的は、犯罪を未然に防ぐことです。大きく目立つ防犯カメラの設置が犯罪抑止に効果的です。

暗い場所では赤外線投光機能搭載カメラ

暗い場所では赤外線投光機能搭載カメラ犯罪は夜間に多く発生するため、夜間の撮影ができなと効果が半減してしまいます。通常なら真っ暗闇で何も映らない状況でも、赤外線投光機能搭載の防犯カメラなら撮影することができます。

柔軟に対応できるバリフォーカル搭載カメラ

柔軟に対応できるバリフォーカル搭載カメラ

バリフォーカルレンズ(可変焦点レンズ)を搭載した防犯カメラは、設置時の撮影範囲を調整できるので、環境に最適な画角での撮影が可能です。また、設置後の調整や設置場所の変更などにも対応できるケースも多く、おすすめです。

防犯には有線タイプの防犯カメラ

防犯には有線タイプの防犯カメラ防犯目的でカメラを設置される場合は、安定した録画ができる有線タイプの防犯カメラをおすすめします。無線カメラは簡単に設置できるのがメリットですが、電波状況によってノイズが入ったり、録画自体されない可能性があります。そういったリスクを軽減するために有線タイプの防犯カメラを設置してください。

防犯カメラの画素数に対応したレコーダーを選ぶ

防犯カメラの画素数に対応したレコーダーを選ぶレコーダーにも録画解像度があり、レコーダーの解像度で録画・再生をします。いくら防犯カメラが高解像度でもレコーダーが低い解像度だと、鮮明な映像を録画することができません。防犯カメラの解像度に対応したレコーダーを選ぶことも重要なポイントです。